ハミングの概要


1.名 称


ADLサポートセンター・ハミン


2.所在地


〒640-0364 和歌山県和歌山市口須佐37番地の6

073-478-2378

Fax073-478-2378

ホームページ http;//www.humming-kids.jp

メールアドレス adlss@humming-kids.jp


3.設置者


特定非営利活動法人(NPO法人)ADLサポートセンター・ハミング


4.支援方針


一人ひとりの現在の生活力を正しくとらえて「地域のなかで、共に生きていく力」を

発揮できるようにご家族の方と一緒に個人支援プログラムを作成、支援いたします。


5.支援目標


一.自分から「生活を楽しめる人」に育ってほしい。


二.日常生活動作(ADL)の獲得と、工夫を通して「社会人としての自立する力」が育ってほしい。


三.「素敵なひと」をめざすために将来に向けた学習力(ワークスキル)

や生活能力(ソーシャルスキル)を身につけてほしい。


6.支援への思い・・・

                 ある大学教育学部の先生の講演会での話!「ストレス・マネジメント」という                                    
             ちょっと難しい内容でした・・・・お話しの中で先生が何とスパゲティーのゆでて
             
             いない一本のパスタを皆に見せてくれました!
「さて、このピーンとまっすぐの                      
            
             細いパスタがある子どもの心のストレスだとしましょう!おかあさんに『もう宿
              
             題できたの!あら〜まだ片づけもできていないの!早くしなさい!!ぐずぐず
             
             しないの!』とするどい言葉でいわれてしまいました。発達に問題をかかえた
              
            彼は学校でも同じように上から目線でいつも言われているのにおかあさんから
             
            も普通にちゃんとしなさい!といつも言われつづけているのです・・・・そうです!
             
            彼の心の中が不安定になり上からドンドン言葉に押されていつもパスタのよう
             
            に弓なりに曲がってしまうのです。そして乾燥してカチカチになったその子の心
             
            はストレスで折れそうに!そしてこの弓なりになったパスタように圧力に耐えら
                             
            れずにバシ〜ンと爆発状態で粉々に折れてしまったのです。」
・・・・・・・・・・

            と折れてしまう様子を見せてくれました。            
            
             もし、おかあさんが学校の様子や宿題の助言などを温かく声かけをしていたら
             
            乾燥していたストレスは
しっとりと、柔軟性がでてきて『ゆでパスタ』のように安定した
             
            どのような形にも変わることができるのだと思います。つまり、
形を変えること(遊び
                
            
やレクレーション)を親御さんが取り入れながら応援してくれると、ストレスの対処行動

            [コーピング]ができて、ストレッサーからくる問題行動をため込まなくても済むのでは!と
             
            思います。子ども達は、学齢児になると心の『屈折度』が複雑になってきて『なめらかに
            
            切り替える力』が難しくなってくるようです。ストレスを溜め込んで問題行動にならない

            ように、ハミングの小学部に通ってくる子ども達は色々な活動を通して、複雑な気持ち

            を友達の間で『素直に切り替える』力をつけられるように応援・支援を行っております。 
                  
                 


            幼児クラス支援の様子から
             
             ハミングで接している幼児クラスの子ども達は元気に登園してくると、それ

            ぞれに自由あそびを楽しみ、お友達と接して生活力を身に付けていきます。

             その子の成長・発達の状況にあわせて、個別支援計画を立て、成長期の

            
『愛着行動期』の確立が身に付いていない場合にはその子、個人個人に
        
            スタッフが寄り添って『ハミングママ』としていろいろなあそびの『経験共有』
           
            を重ねます。さらには、あそびに対して『自尊感情』の芽生えをはかり、誉め

            られるなかで『対人関係』の確立をもめざします。遊具あそびを通して他児と
       
            のあそびの「架け橋」になり、子ども同士が意識してくるなかで、『共有あそび』、

            『協調あそび』がでてくるように応援していきます。それに比べ『身辺自立面』は、
    
            中心的に教えなくても、それなりの年齢に達すれば自然と確立していきますが、

            『心の成長・発達』の時期で、大切な『愛着行動期』の段階がクリアできないで

            いるとそのまま大人になってしまう方もいるのです。いち早く子どもさんの不安
            
            に気づき、手だてをする・・・早期発見/早期支援の大切さを感じますね! 

             ハミングの幼児クラスに通ってくる子ども達は色々なあそび・活動を通して、

            スタッフやお友達の間で
『生活力』を身につけられるよう応援・支援を行っています。      


              
               
       
             ハミング子ども教室       近くの児童公園にて      プールあそび



                 

              和歌浦ハイキング    夏まつり(中央コミセンにて) 土曜教室(中央コミセンにて)

                                        

                 
             手あそび歌(教室内にて) 工作あそび(教室内にて)   カーズごっこあそび
                  

                  



                 
            片男波アスレチック(水曜野外教室)  和歌山城石段登り(水曜野外教室)



                                



                       
            三輪車やスクーターあそび たのしいクリスマス    みんなで合奏したよ!
                                                
                                                           
           【ハミング子ども教室の幼児クラスの様子でした!】
                 
                   



戻る